img_logo2.jpg

​非対面授業で全学ポートフォリオシステムを使う

非対面授業では、さまざまなツールを使って授業を進めていきます。

ここでは、奈良教育大学が開発したツールである全学ポートフォリオシステムの基本的な使い方をお知らせします。

2回生(2019年度入学生)以上の人は、すでに授業で使ったことがあるはずですので、ここの情報は、おもに1回生(2020年度入学生)ならびに大学院生に向けたものです。

より詳細なマニュアルは、大学ウェブサイトに掲載されています。

全学ポートフォリオシステムとは?​

​手順(1)システムへのログイン

奈良教育大学の全学ポートフォリオシステムのページから、みなさんの大学のIDとパスワードを使ってシステムにログインします。「全学ポートフォリオ」で検索すれば、大抵の場合、検索結果の最上位に表れます。見つからない場合は、<大学ウェブサイト>→<在学生の方へ>→<ログインツール>→<全学ポートフォリオシステム>でたどり着けます。

​手順(2)お知らせの確認

システムにログインすると、トップページに自分が履修登録している各授業科目のお知らせが表示されます。内容はクリック/タップして確認できます。

手順(3)課題の提出

各授業科目から出されている課題を実施する場合は、トップページの「授業の課題を提出する」という赤色のタイルをクリック/タップします。また、各授業科目から、スライドや動画などの授業資料が提示されている場合は、同じトップページの「受講中の授業」という紫色のタイルをクリック/タップすれば、自分が履修中の授業科目の一覧が表示されますから、閲覧したい授業科目のバーをクリック/タップしてください。

手順(3)課題の提出(続き)

自分が履修している全ての授業科目で出されている課題の一覧が表示されます。授業科目名・課題名・締切日を確認してクリック/タップします。締め切りを過ぎている場合は、教員側の設定によって、遅れて提出できる場合とできない場合があります。

手順(3)課題の提出(続き)

課題内容を確認し、回答欄に入力します。ファイルを添付できる場合もあります。内容を確認して、「提出」ボタンをクリック/タップして提出完了です。オプションとして、「指標選択」を選ぶこともできます。